「味」と「安全性」にこだわり抜いた鶏肉で仕上げる ごま油香る 南部純鶏唐揚げ 「味」と「安全性」にこだわり抜いた鶏肉で仕上げる ごま油香る 南部純鶏唐揚げ

keyword1 美味しい鶏肉をつくるアマタケさんの「こだわり」 keyword1 美味しい鶏肉をつくるアマタケさんの「こだわり」

100%を届けるために150%を目指す!妥協を許さない企業姿勢の賜物 100%を届けるために150%を目指す!妥協を許さない企業姿勢の賜物

南部純鶏は、岩手県大船渡市に本社を置くアマタケさんが、「日本で一番美味しい鶏を育てたい」との思いからつくったブランドです。※
アマタケさんは、1964年の創業以来、業界の常識にとらわれず、常に、自分たちにしかできないことは何かと考え、挑戦をし続けている企業。そんな志の高い会社が日本一の美味しさを目指すために考えたのは、品種を掛け合わせることで、根本的に美味しい肉をつくることでした。そこで、鶏肉を食べる文化が長いヨーロッパの中でも、グルメの国、フランスの「赤鶏」を掛け合わせてつくったのが南部純鶏なのです。


味へのこだわりとともに貫いてきたのが「安全・安心」へのこだわりです。すべての飼育期間で、抗生物質や合成抗菌剤など「薬」を使わない「無薬飼育」を行うため ※※、薬剤の残留が決して起こらない鶏肉を生産する環境をつくり上げました。

味へのこだわり、安全・安心へのこだわりを貫くため、すべての工程で、自らに厳しい基準を設定。
お客様に100%の商品をお届けするために、120%、150%の努力、クオリティを目指す、そんな企業姿勢が、美味しく安全な「南部純鶏唐揚げ」を支えているのです。

※ 銘柄名は南部どり
※※ 国で定められた予防ワクチンを除く

keyword2 美味しさの秘訣は「赤×白」!? keyword2 美味しさの秘訣は「赤×白」!?

旨味が詰まった「赤鶏」とジューシーな「白鶏」掛け合わせで、絶妙な美味しさバランスに 旨味が詰まった「赤鶏」とジューシーな「白鶏」掛け合わせで、絶妙な美味しさバランスに

南部純鶏は、フランス系の「赤鶏」と、日本の鶏肉として幅広く食されている「白鶏」を掛け合わせています。赤鶏は、世界で一番美味しいとされる種で旨味があり、コクが豊か。しっかりとした歯ごたえが特徴です。一方、白鶏はやわらかさ、ジューシーさが特徴。赤と白、それぞれの特徴を最大限に活用して掛け合わせることで、旨味がしっかりあるのに適度にやわらかい、日本人の好む鶏肉の味わいを実現しているのです。

さらに美味しさを増すために、エサも工夫されています。より安全性の高い飼料に、質の良い脂肪をつくる中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルを添加したり、植物性乳酸菌にオリゴ糖を加えることで鶏の腸内環境を健康にし、美肌や健康効果が期待される成分であるアスタキサンチンとグレープポリフェノールを加えたり、鶏の目線で考えて美味しさをアップしています。

現状に満足することなく、日本人の好む味を追求、改良を重ね、これからももっと美味しく進化します。

keyword3 安全な鶏づくり=健康な鶏づくり keyword3 安全な鶏づくり=健康な鶏づくり

抗生物質も、合成抗菌剤も使用0(ゼロ)!薬要らずの健康な鶏を育て、「安全・安心」を実現 抗生物質も、合成抗菌剤も使用0(ゼロ)!薬要らずの健康な鶏を育て、「安全・安心」を実現

南部純鶏は「安心・安全」に食べられることに、徹底的にこだわって生産されています。
アマタケさんは、残留農薬の問題に早くから取り組み、1999年にはすでに、飼育のすべての期間において、抗生物質や合成抗菌剤を一切使わない「無薬飼育」に成功しています。これは、一生涯、薬を服用しないということですから、養鶏業界の常識からすると、極めて困難な飼育方法。それができたのは、病気が発生する原因を徹底的に調べ、抑える方法を考え、工夫を重ねてきたからです。

安全面でも、自社の品質管理室で、各工程での清潔さ、原料・製品の放射性物質の有無も徹底的に調べています。

南部純鶏の生産工程 南部純鶏の生産工程

keyword4 美味しさへのこだわり keyword4 美味しさへのこだわり

鶏肉の旨さを最大限に活かすため手間を掛けつつ、シンプルにカラッと揚げる 鶏肉の旨さを最大限に活かすため手間を掛けつつ、シンプルにカラッと揚げる

「南部純鶏唐揚げ」は、こだわりをもって生産された南部純鶏の旨味を最大限に活かす調理が施されます。唐揚げ粉は、余計な味を加えないシンプルなものを薄くまぶし、軽くすることで、揚げムラや焦げなく仕上がります。店内調理は「2度揚げ」を行い、柔らかくジューシーに、また「ごま油」を使用して風味良く味わい深く仕上げています。

飼育担当の方に聞いてみました 飼育担当の方に聞いてみました

―― 鶏舎で鶏と接する上で注意していることは何ですか。

ストレスを与えず、健康に育てることですね。ベテランになれば、鶏の動きや鳴き声で、暑いとか、水がほしいとか、鶏の状態が分かるようになりますので、それに合わせて、温度や湿度などを管理します。愛情をもって育てているので、鶏舎を離れているときでも、大雨が降ったり、風が吹いたりすると、心配で、連絡したりします。

―― 南部純鶏を育てる上で、基本となっていることを教えてください。

お客様の健康を考え、おいしい商品をお届けするために、自分たちにしかできないことをしようと考えました。そこで日本一美味しい鶏を育てようと、フランスまで掛け合わせる鶏を探しに行ったことが当社の原点です。そのこだわりが高じて、そのさらに親(祖父母世代)をフランスから輸入し、卵を産んでもらうところから自分たちで手掛ける形になりました。こうした味への追求も、無薬飼育も、業界の常識では考えられない難しい課題です。そのこだわりを貫き、課題を懸命にクリアすることで、今の形に辿り着きました。

営業担当の方に聞いてみました 営業担当の方に聞いてみました

―― 心掛けていることを教えてください。

南部純鶏は、惣菜コーナーだけでなく、精肉コーナーでも販売いただき、好評をいただいております。お肉として美味しいことは当たり前。その前提で「南部純鶏唐揚げ」については、唐揚げとして肉の良さをどう活かすか、日々工夫を重ねています。
これからも進化を続ける南部純鶏唐揚げに、どうぞご期待ください。

バイヤーに聞いてみました バイヤーに聞いてみました

南部純鶏は味へのこだわりと合わせて、安心・安全にも徹底して配慮しています。
抗生物質・合成抗菌剤を一切使わずに育てており、赤ちゃんに離乳食から食べていただける安全性の高さを自負しています。
お客様には、安心して美味しさを楽しんでいただきたいと思います。

ごま油香る 南部純鶏唐揚げ

柔らかく、臭みが少ない、味わいを追求した「南部純鶏」を使用。
ごま油を使って風味良く、ジューシーに揚げました。

価格 100g当り 218円(本体価格)

ごま油香る 南部純鶏唐揚げ